|1/1 PAGE|

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲わきがの悩みに…わきがの治療法のtopへ

細菌の繁殖によっておこるわきが

わきがは汗の成分が根本的な原因ですが、汗そのものだけではそれほどわきがの臭いはしません。
汗がわきがの独特の強い臭いになるには、もう1ステップあるのです。
その原因が我々の体に住み着く細菌なのです。
私たちの体にはたくさんの細菌が住み着いていますが、細菌は湿気の多いところを好んで住み着きます。
ですから、わきの下のじめっとした状態は細菌にとっては格好の住みかとなって繁殖します。
また、細菌は汗に含まれる脂肪分や蛋白質を食料として繁殖するのですが、このときに脂肪や蛋白質が分解されることにより、わきが独特の腐敗臭が発生するのです。
肉食中心の食生活をしていると汗の成分としてたくさんの脂肪分がでてきますので、細菌にとっては繁殖しやすい条件となってわきが臭をいっそう強くするのです。

以上のことから、多汗症の方で、かつ肉食中心の食生活を送られている方が最もわきの下に細菌を増やしやすく、わきがになりやすいと言えます。


▲わきがの悩みに…わきがの治療法のtopへ

わきが になりやすい食生活

わきが体質はである割合は人種によって大きく異なり、黒人でほぼ全員、欧米人で約8割、日本人で1割、中国人で0.5割と言われています。
どうしてこれだけの違いがでてくるのかというと、その原因は食文化の違いが大きく影響していると言われています。
欧米人の食のスタイルといえば肉食中心の高カロリー、高脂肪ですが、まさにこの食生活こそがわきが体質の原因となっているのです。
ですから、近年食生活が欧米化してきた我々日本人にもわきが体質の方が増えてきている訳です。

ではなぜ肉食中心の食生活がわきがの臭いを強くするのかというと、動物性たんぱく質や脂肪を多く含む肉類や乳製品(牛乳・バター・チーズ)を多く摂取すると、皮脂腺やアポクリン腺の活動を過剰に刺激したり、体臭の元となる脂肪酸やアルデヒド類が皮脂腺やアポクリン腺から過剰に分泌されるからなのです。
体臭は脂質の酸化が非常に関係してきますので、ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。
つまり、緑黄色野菜や果物、大豆など穀類を中心とした日本食が健康面によいだけでなくわきが予防にもよいという訳です。
また、油についても日常よく使用されるサラダ油は酸化されやすく体臭を強くし、わきがの原因となりますので、酸化されにくいオリーブ油、しそ油、ごま油などを使用するというのも1つのわきが予防になります。
▲わきがの悩みに…わきがの治療法のtopへ

多汗症とわきが

わきがの原因として最も関係のあるのが汗ですね。
わきが体質の方が必ずしも汗をよくかく多汗症だという訳ではありませんが、やはり多汗症の方が多いのではないかと思われます。

わきがの原因となる汗の種類

汗は汗腺と呼ばれるところからでてくる訳ですが、この汗腺の主なものにエクリン汗腺とアポクリン汗腺があって、それぞれでてくる汗の成分が異なります。
エクリン汗腺は比較的小さな汗腺で皮膚の浅いところにあり直接皮膚表面に出口があります。
エクリン汗腺の働きは、汗が蒸発することによる気化熱によって皮膚から体温を奪い体温を下げる、体温調節の働きをしています。
エクリン汗腺は全身に分布し、エクリン汗腺からでる汗の成分の99%は水分で1%が塩分とで構成されて、汗量もたくさん出ます。
ですから、多汗症の方の場合はこのエクリン汗腺が発達しているので汗をよくかくのです。
エクリン汗腺からでる成分のほとんどが水分で臭いの元となる成分はありませんので、わきがの臭いの根本的な原因にはなりませんが、水分が流れることによってわきがの臭いの元を広げてしまうという意味でわきがの原因となる訳です。

アポクリン汗腺は、エクリン汗腺の10倍程の大きさがあり、皮膚の深いところにある汗腺です。
アポクリン汗腺は、わきの下や乳首、陰部、中耳など限られた部分に分布しており、毛穴に出口があります。
アポクリン汗腺の働きは、フェロモン分泌器官とも呼ばれているようにこの臭いによって異性を引き寄せて、子孫を繁栄させる手段として分泌されるようです。
アポクリン汗腺から出てくる汗量は少なく、汗の成分は脂肪やたんぱく質、蛍光物質が含まれていて、わきがの臭いの元となるのがこれらの成分なのです。
わきが体質の方のアポクリン汗腺は、普通の人より発達していて大きく、数も3倍ほど多くあると言われています。


わきの下にかく汗

わきの下はよく汗をかくように思われがちですが、実際にはそれほど多くはありません。
ではなぜわきの下が汗をよくかくように思われるかというと、わきの下は体と腕に挟まれて通気性が悪く汗が蒸発しにくいため汗がたまるからです。
また、わきの下は他の部分より低い体温で汗がでるようになっているからなのです。
このように、わきの下は汗がこもりやすい構造になっていますので、臭いも発生しやすくなるのです。

▲わきがの悩みに…わきがの治療法のtopへ

目次

Profile

このサイトをお気に入りに追加したい場合はこちらから登録できます


応援宜しくお願いします。

人気blogランキングへ
人気blogランキングへ


My Yahoo!に追加

「My Yahoo!に追加」ボタンは、簡単にMy Yahoo!のRSSリーダーにサイトを追加できるリンクボタンです。
お気に入りブログのサイト更新情報を簡単にチェックできるシステムです。


Categories

Links

楽天市場

Mobile

qrcode

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  ぷあぷあ-banner  みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored